文字サイズ
標準
大きく

Pfizer

高血圧の基礎知識高血圧の診断基準と降圧目標値

どこからが高血圧?

高血圧とは、病院や健診施設などで測定した血圧値が、収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上(140/90mmHg以上)の状態をいいます。自宅で測定する家庭血圧では、それより低い135mmHg以上または85mmHg以上(135/85mmHg以上)が高血圧とされます。

高血圧患者さんのなかには、「健康診断では正常血圧だったけど、自宅で測ると高い」という方もいらっしゃいますので、できれば自宅でも測定するようにしましょう。

健康診断や自宅で測定した血圧値が高かったら、医師にご相談ください。

日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会(編):高血圧治療ガイドライン2014 2014 ライフサイエンス出版:15,2014より改変

目指すべき降圧目標値は、人によって違います

降圧目標値は、年齢や合併症によって違います。

家庭血圧の降圧目標値をみると、若年、中年、前期高齢者(75歳未満)では135/85mmHg未満です。一方、75歳以上の後期高齢者では、それより高い145/85mmHg未満を目安としています。高齢になるとさまざまな臓器の機能が低下していることが多く、血圧低下が臓器の機能に悪影響を及ぼす可能性もあるため、慎重に治療する必要があります。

また、糖尿病、蛋白尿のある慢性腎臓病(CKD)を合併している患者さんの降圧目標値はより低く、125/75mmHg未満とされています。糖尿病や蛋白尿のあるCKDを合併している高血圧患者さんは、心筋梗塞、脳卒中などを発症するリスクが高いため、より血圧を下げ、これらの疾患を予防するために厳格な目標値が設定されています。

降圧目標

ガイドライン

家庭血圧

若年、中年、前期高齢者患者※1

135/85mmHg未満

後期高齢者患者※2

145/85mmHg未満(目安)
(忍容性があれば 135/85mmHg 未満)

糖尿病患者

125/75mmHg未満

CKD患者(蛋白尿陽性)

125/75mmHg未満(目安)

脳血管障害患者
冠動脈疾患患者

135/85mmHg未満(目安)

※1 前期高齢者:65歳以上の方
※2 後期高齢者:75歳以上の方
日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会(編):高血圧治療ガイドライン2014 2014 ライフサイエンス出版:31,2014より改変

このページに関連するPDF資料