生活習慣病オンライン
血圧やコレステロールが気になるあなたに。
ファイザー
HOME 生活習慣病基礎知識 高血圧 脂質異常症 糖尿病
Menu

動脈硬化とは

動脈硬化とは、動脈の血管壁が厚くなったり、硬くなったりして血液の流れが悪くなる症状を言います。動脈硬化は、たくさんの原因が重なり合って進行しますが、そのおもな原因のひとつがコレステロールです。

真の悪玉

コレステロールは、私たちのからだにはなくてはならない、とても重要な物質です。 ところが、血液中にLDL(悪玉)コレステロールが増え過ぎると、血管壁に入り込みます。血管壁の中でLDLは酸化され「酸化LDL」となります。実はこの酸化LDLが“真の悪玉”です。酸化LDLがマクロファージという細胞に取り込まれて、血管壁に“こぶ(プラーク)”をつくります。プラークがどんどん大きくなると血管の内腔が狭くなり、血液が流れにくくなります。プラークがさらに大きくなって破れると、そこに血小板などが集まってきて“血栓”ができます。この血栓によって血管がつまってしまうのです。 脂質異常症の状態が長引けば、このように動脈硬化が進展していくのです。
動脈硬化が進行すると・・・動脈硬化が心臓の血管で進行すれば狭心症や心筋梗塞、脳の血管で進行すれば脳梗塞などとなり、突然の発作で初めて「目に見える症状」になるということもあるのです。

酸化LDLは動脈硬化の真の悪玉です。動脈硬化を進行させないためには、コレステロールを減らすことが大切ですが、「酸化」を防ぐことも重要と考えられています。
LDLコレステロールを減らすことにより、酸化LDLを減らしていきましょう。

MEMO

最近は、超小型のLDLコレステロール「sd LDL(small dense LDL)」が、とくに動脈硬化を発症しやすいコレステロールと考えられています。血液中の中性脂肪が増えると、LDLコレステロール値が正常でもsd LDLが多くなることが知られています。sd LDLは酸化LDLになりやすいので、動脈硬化を進行させるのです。