生活習慣病オンライン
血圧やコレステロールが気になるあなたに。
ファイザー
HOME 生活習慣病基礎知識 高血圧 脂質異常症 糖尿病
Menu

注意しなければならない生活習慣病:糖尿病

偏った食習慣や運動不足、喫煙を続けているといくつもの生活習慣病をかかえることになります。
「糖尿病」自体が動脈硬化にとって強いリスクファクターになるだけではなく、高血圧、脂質異常症の合併により、そのリスクはさらに増加します。

糖尿病とは

糖尿病とは、インスリンの作用が正常に働かないため血液中のブドウ糖が異常に高くなる疾患です。
日本人で圧倒的に多い2型糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンの働きが悪くなったり、量が不足することが原因です。
おもに自己免疫によって発症する1型糖尿病は、自分のからだの中でインスリンをつくることができなくなってしまいます。1型糖尿病は、肥満とは関係なく、2型糖尿病とは治療法も異なります。

日本糖尿病学会では、
空腹時の血糖値が 126 mg/dL 以上
を糖尿病としています。

糖尿病の診断基準

糖尿病の治療

食事療法や適度な運動による生活習慣の見直しが不可欠です。必要に応じて、飲み薬や、場合によってはインスリンの自己注射なども行います。

糖尿病の合併症

動脈硬化性疾患も心配ですが、血糖コントロールが不十分な状態が長く続くと、眼、腎臓、神経に障害が出て、失明、人工透析が必要になる、足に壊疽(えそ;組織が死んで腐ってしまう)ができて切断・・・などという恐ろしい事態を招くこともあるのです。