文字サイズ
標準
大きく

Pfizer

脂質異常症のアイコン
脂質異常症の基礎知識脂質異常症とは?

脂質異常症とは?

脂質異常症とは、「悪玉」のLDLコレステロールや血液中の中性脂肪(トリグリセライド)が必要以上に増えるか、または「善玉」のHDLコレステロールが減った状態のことです。

MEMO

LDLコレステロールの管理が重要

これまでは「悪玉」、「善玉」を区別せずに総コレステロール値が一定の値を超えると「高コレステロール血症」と呼ばれ、治療の対象とされてきました。しかし、実際に心筋梗塞や脳卒中を起こすリスクが高いのは、コレステロールの中でも「悪玉」といわれるLDLコレステロール値が高い方です。このため、現在ではLDLコレステロールの管理が重要視されています。

中性脂肪が多いことも要注意

動脈硬化を進行させるのは、血管壁に入り込んでくるコレステロール成分が原因であって、中性脂肪(トリグリセライド)が直接血管壁に蓄積するわけではありません。しかし、LDLコレステロールとともに中性脂肪も血管を障害することがわかっています。

糖質や炭水化物の摂り過ぎ、アルコールの飲み過ぎは中性脂肪を増やします。また、最近、お腹の中に脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」が、中性脂肪を増やす原因として注目されています。食べ過ぎや飲み過ぎ、していませんか?

脂肪と糖

そんなに多いの? 脂質異常症

脂質異常症は、高血圧や糖尿病と比べてあまり知られていません。しかし、厚生労働省の「平成26年(2014)患者調査の概況」によると、患者さん(脂質異常症のため継続的に医療を受けている者)の総数は206万2,000人と推計されており、その数は年々増えています1)。その理由として食生活の欧米化、運動不足などが関係していると考えられています。

  • 脂質異常症患者の数:推定206万2,000人(平成26年)1)
  • 脂質異常症の患者は女性の方が約2.5倍多い
    (男性約59万6,000人 vs 女性約146万5,000人;平成26年)1)
  • 脂質異常症の患者は年々増えている(平成8年96万4,000人 vs 平成26年206万2,000人)1)
  • 脂質異常症が疑われる人は加齢に伴って増える
    (30~39歳5.8%、40~49歳10.7%、50~59歳17.7%、60~69歳26.8%、70歳以上35.0%;平成26年)2)

<参考>

  1. 1) 厚生労働省:平成26年(2014)患者調査の概況 平成27年12月 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/14/dl/kanja.pdf 2016/11/1参照
  2. 2) 厚生労働省:平成26年国民健康・栄養調査報告 平成28年3月 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/dl/h26-houkoku.pdf 2016/11/1参照
このページに関連するPDF資料