文字サイズ
標準
大きく

Pfizer

脂質異常症の基礎知識動脈硬化の進行

動脈硬化の進行

LDLコレステロールが必要以上に増えると、どのように動脈硬化が進行していくのか、みてみましょう。

血管壁に傷がついてLDLが入り込む

コレステロールを運搬するLDLが増えると、
血管壁に傷がつく その傷から、LDLが血管壁の中に入り込む

酸化LDLにかわる

血管壁の中に入り込んだLDLは酸化LDLにかわる この酸化LDLが「悪玉」の正体です

酸化LDLを取り込んだ泡沫細胞

「悪玉」酸化LDLを体内から片付けるべく、
体内の掃除屋であるマクロファージは
酸化LDLを自分の中に取り込む 泡沫細胞という細胞に変身

脂質プラークをつくる

酸化LDLを取り込んだ泡沫細胞は
血管壁に沈着 軟らかく破れやすい「脂質プラーク」と
呼ばれるコブをつくる このコブが破れると、補修のために血小板が
集まって血栓(血液のかたまり)ができる

血栓で血管が詰まる

血栓(血液のかたまり)で血管がつまってしまう 心臓の血管がつまったら・・心筋梗塞、狭心症
脳の血管がつまったら・・・脳梗塞 この状態になって初めて「目にみえる症状」になる

このページに関連するPDF資料