文字サイズ
標準
大きく

Pfizer

脂質異常症の診断と症状 脂質異常症と高血圧・糖尿病・喫煙との関係

脂質異常症と高血圧

血圧が高いと動脈に強い圧力がかかり続けるために血管の内壁が傷つきやすく、脂質異常症と高血圧が合併していると動脈硬化が進行しやすくなります。

脂質異常症と糖尿病

血糖値が高い状態が長く続くと、LDLコレステロールが酸化されたり、小さくなったりして、より血管壁に入り込みやすい状態になり、動脈硬化が一層進行します。

脂質異常症と喫煙

喫煙する人

喫煙は、「善玉」のHDLコレステロールを減らしたり、悪玉LDLコレステロールをさらに酸化させやすくしたりします。喫煙習慣は動脈硬化を進行させる大きな危険因子です。禁煙の重要性については別のページで詳しく説明しています。ぜひお読みください。

このページに関連するPDF資料