文字サイズ
標準
大きく

Pfizer

生活習慣病の診断と症状 健康診断の重要性

生活習慣病の早期発見のために、年に一度の健康診断を

生活習慣病を早期発見し、治療するためには、自分の健康状態を定期的にチェックすることが重要です。会社員であれば、通常年に一度、職場の健康保険組合の補助により健康診断を受けることができます。会社員でない場合でも、多くの自治体(市区町村)が40歳以上を対象に健康診断を実施していますので、年に一度は受けるようにしましょう。

以下は、40~74歳を対象とし、メタボリックシンドロームに着目した「特定健康診査」の検査項目です。

特定健康診査の検査項目

問診 生活習慣、服薬歴、喫煙歴等の確認
身体計測 身長、体重、腹囲、肥満度、BMI
理学的所見 身体診察
血圧測定
血液検査
  • 脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  • 血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
  • 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
検尿 尿糖、尿蛋白
その他 医師が必要と判断した場合に、以下の検査を実施する。
心電図、眼底検査、貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)

健康診断について、詳しくは健康保険組合や、お住まいの市区町村にお問い合わせください。

健康診断で異常がみつかったら

健康診断で高血圧や脂質異常症がみつかったり、そのほか何らかの異常がみつかったりした場合には、自覚症状がなくても放置せずに、早めに医療機関を受診してください。もしかかりつけの医師がいたら、健康診断の結果を見せてアドバイスをもらうのもよいでしょう。

生活習慣病を早めに発見し、早めに治療を開始すれば、動脈硬化の進行や、心筋梗塞や脳卒中などの発症リスクを抑えることができます。

このページに関連するPDF資料