生活習慣病オンライン
血圧やコレステロールが気になるあなたに。
ファイザー
HOME 生活習慣病基礎知識 高血圧 脂質異常症 糖尿病
Menu

脂質異常症

総合監修:森ノ宮医療大学 学長 荻原俊男先生

血液中のコレステロール値が高いだけで、脂質異常症にはほとんど自覚症状がありません。だからといって放っておくと、コレステロールが血管の内側にどんどん 溜まっていき、動脈硬化が進行していくことに。心筋梗塞や脳卒中などのさまざまな病気をひき起こす前に、コレステロール値をきちんと下げましょう。

(日本動脈硬化学会 動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2012年版より改変)

治療目標値まで、しっかり下げていますか?

脂質異常症と診断されたら、どこまでコレステロール値を下げればいいのでしょうか? 既往歴や合併症の有無、年齢などよって、目標にすべき値も異なります。 あなたの治療目標値を確認してみましょう。

Q1◆あなたは、心筋梗塞や狭心症にかかったことがある、または、かかっていますか?
はい LDLコレステロール目標値(mg/dL未満):100
いいえ Q2へお進みください
Q2◆次の疾患にかかったことがある、または、かかっていますか?
<脳梗塞> <閉塞性動脈硬化症> <糖尿病>
はい LDLコレステロール目標値(mg/dL未満):120
いいえ Q3へお進みください
Q3◆次の項目に、いくつあてはまりますか?
<男性で45歳以上> <女性で55歳以上> <冠動脈性疾患の家族歴がある> <高血圧である>
<HDLコレステロール値は40mg/dL未満> <喫煙をする> <耐糖能異常がある>
3個以上 LDLコレステロール目標値(mg/dL未満):120
1〜2個以上 LDLコレステロール目標値(mg/dL未満):140
なし LDLコレステロール目標値(mg/dL未満):160
(日本動脈硬化学会 動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2012年版より作成)

あなたの現在の値が治療目標値に達していない場合は、かかりつけのお医者様に相談し、厳格なコレステロール値の管理を心がけましょう。

さらに詳しく

脂質異常症
血管の健康は実感しにくいからこそ、いますぐココからはじめましょう。